総合高等職業訓練校

「一般社団法人 横須賀三浦建設協会 総合高等職業訓練校」

本訓練校は、昭和33年に神奈川県知事の認定を受け、当初は横須賀建築技能共同職業訓練所として開設しました。昭和47年には高等訓練課程の認定を取得し、昭和48年衣笠行政センター整備に合わせ4階フロアーを借り受け総合高等職業訓練校に名称変更をしました。指導員並びに組合員の協力と努力により職業訓練法の規定に基づく高等課程の養成訓練がきるまでに発展しました。以後、技能労働者の職業に必要な技術能力の開発養成及び職業の安定並びに技能者の地位向上を図るとともに、建設業界さらには社会の発展に寄与するため多くの修了生を送り出してきました。

現在は訓練生不足のため休校していますが、いつでも再開ができるよう県内の12校で組織する共同職業訓練委員会に参加し情報共有を行っています。

訓練校は、大工や左官、石材などの技能訓練や各組合の会議、事業委員会活動の場として使用していますが地域の会議などにも使われています。

◇所在地神奈川県横須賀市公郷町2丁目11番地(衣笠行政センター4階)

 

◇校 長:山田 和德(大工職)

◇職業訓練の種類及び課程:養成訓練 高等訓練課程

◇訓練科:木造建築科、左官科、石材科

入校資格と訓練概要

①入校資格:中学卒業者で実務経験3年以上の者又は高等学校卒業者

②訓練期間:2年間(訓練日数は月10日前後)

③訓練時間:原則として午後6時から午後9時までの3時間

④授  業  料:学年度毎に相当額を徴収

修了者の特典

①卒業時に一定の出席率に達し技能照査に合格した者には、県知事から修了証書及び技能士補の合格証が交付されます。

②二級技能士の資格受験に際しては学科試験が免除となります。

③卒業後満7か年を経過し48時間講習を修了した者には、職業訓練指導員資格取得の免許証が交付されます。

④その他、訓練終了後3年の実務経験で建築科の場合、2級建築士や木造建築士の受験資格が得られます。

建築士等の資格受験に際しては訓練校で取得した学科及び技術等は大きな自信となり利点となることでしょう。

訓練校規則

◇訓練校使用規則

現在、応募生徒数不足のため 休校中!

令和2年4月入校 訓練生 募集中!!

 

◆お問い合わせは、横須賀三浦建設協会

電   話 046-822-5479

ファックス 046-822-5473

メ ー ル info@yoko-san.jp