建築職人を目指すには!

建築職人 になるには、

近隣の人や知人の紹介で地域の大工や左官などの親方に弟子入りするか、工務店や工業所などに就職する方法があります。

建築職人になるためには、伝統技術を受け継ぎながら新しい住宅建築への要求にこたえていくだけの向上心と器用さ、さらには夏の暑さや冬の寒さに負けない体力が必要とされています。

また、実務の傍ら職業訓練校や事業所内の職業訓練指導員の下、プロの職人としての「ものづくり」技能を習得するとともに、社会人としての大切な「ひとづくり」の知識を習得することで腕前と統率力が向上し、将来独立することも可能です。

〇 先輩の作文 → 「建築職人になるために

◆ お問い合わせはここ