新型コロナウィルス感染拡大防止について

新型コロナウイルス感染症の国内での感染が増加しています。

会員の皆様におかれましては、感染拡大防止のため、せきエチケット・手洗い・アルコール除菌等の徹底をお願いします。

「ちょっと熱っぽい」など、軽い発熱があるときは外出せず、自宅療養するようお願いします。

また、身近で新型コロナウイルスの感染者が発生した場合、その家族や関係者など、近い距離で会話を交わした人は「濃厚接触者」として、一定期間、自宅に留まることが求められます。

事務局としても、協会窓口にアルコール除菌スプレーを置き除菌の徹底に努めていますが、もし事務所内から感染者が出た場合、事務所業務を停止し閉館する可能性もありますので、ご理解とご協力をお願いします。(事務局長)

台風15,19号による被災住宅の補修工事補助金について

令和元年台風第15号又は第19号による被災住宅について、屋根補修等の耐震性の向上等に資する補修工事をする方に、神奈川県が費用の一部を支援する補助制度が創設されました。

1対象者

  • 半壊又は一部損壊の罹災証明書が交付された横須賀市内における住宅
  • 自らの資力のみでは住宅の補修を行うことができない者

2対象工事

  • 令和元年9月9日以降に着手したもの(工事が既に完了しているものも対象)
  • 損傷した屋根又は外壁等について耐震性の向上等に資する補修工事
  • 補助対象となる補修工事に要する費用が10万円以上(税込)
  • 令和2年2月29日(土)までに補修工事が完了するもの

3補助金額

  • 上限額は、30万円(税込)かつ 補助対象工事費の20%以内

4申込期間

  • 令和元年12月16日(月)から令和2年3月10日(火)まで
  • 4月以降も申請ができるよう現在調整中(3月1日以降に補修工事が完了するものも対象となる予定)

5必要書類・様式入手先

  • 必要書類は神奈川県ホームページをご確認ください(ここから様式のダウンロードもできます)

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/zm4/saigai/taishinseikoujou.html#shorui

  • このほか、横須賀市建築指導課でも配布しています
  •  罹災証明書の発行は、横須賀市危機管理課(電話: 046-822-8357)

6申請窓口・お問合せ先

  • 都市部建築指導課 小川町11番地 電話046-822-8319
  • 受付時間 平日9時~17時(12~13時除く) 事前予約は不要

「建設協会報」第56号を発行しました

あけましておめでとうございます。今年一年よろしくお願いいたします。

建設協会報 第56号を発行しました。

昨年一年間の協会の行事や所属組合の活動などをまとめました。皆さんご覧ください。

→ 建設協会報 第56号

令和2年1月1日

広報事業委員会 委員一同

フルハーネス・移動式クレーンの買い替え補助の申込期間が延長されました

フルハーネス型安全帯、移動式クレーンの過負荷防止装置の改修、買い替え等に対する国の補助金支援事業「既存不適合機械等の更新に対する支援事業」についての手続き業務を建災防本部・更新支援補助金事務センターが行っています。

補助を受ける方は、購入する前に手続きが必要ですのでご注意ください。

申込期限の延長 令和元年11月19日(火)  11月29日(日)

詳細は、建災防本部・更新支援補助金事務センター

    03-6275-1085

【補助金】

改正安全帯の規格(H31.2.1)に適合していない既存の安全帯の買い替え

上限2.5万円の1/2

改正移動式クレーン構造規格(H31.3.1)に規定する過負荷防止装置を備えていない既存の移動式クレーン(3t未満)の改修・買い替え等

上限20万円の1/2

【補助金支給までの概要及び流れ】

1 メーカーの見積もり、助成金申請書類を建災防本部「更新支援補助金事務センター」へ送付

2 助成金支給可否を通知

3 フルハーネス等を購入

4 領収書等を事務センターへ送付

5 補助金支給

※ 申請からフルハーネス購入まで4~5ヶ月ほど掛かる予定となっています。

フルハーネス等を申請前に購入した場合は助成の対象にはなりません。